ZEBRA RELAY ESSAY Back Number

ゼブラ登山クラブ夏山報告①

台風10号が迫ってきていますが皆さんいかがおすごしですか。
いよいよ夏休みも終わりに差しかかってきています。宿題は終わりましたか?

さて、今週からこの夏のゼブラ登山クラブの活動報告をいたします。例年ならば、ゴールデンウィークごろがゼブラ登山クラブの山開きなのですが、今シーズンは「なぜか」8月からが山開きとなってしまいました。毎年、5山は登ろうとしているのですが、今シーズンは果たせるでしょうか。
と、いうわけで山開きで登ったのが、大月の先、都留にあります倉見山(1,256m)です。駅から駅への登山ルートなので楽だ、ということで足慣らしで選びました。この倉見山は"富士八景"ということで、富士山がきれいに見えるという山です。その名に違わず、ありとあらゆるところから夏姿の富士山にお目に掛れました。
面白いのは、登山口がお墓の間を抜けて行くのと、下山して駅までが工業団地を抜けて行くという不思議なルートでした。あまり人が来ないのか、ルート上にやたら蜘蛛の巣が待ち受けていて顔に張り付いたのを払っては貼り付き、払っては貼り付きの作業に明け暮れました。
ノンストップで走破したので、3時間ちょっとで全行程が終了。無人駅の富士急行寿駅に昼ぐらいに着いたので、鄙びた駅の木陰でおにぎり食べながらビールを飲んで一時間に一本の電車を待ちました。太陽の日差しとよく晴れた青空と山の緑、セミの鳴き声を聞きながら極楽気分で家路に就きました。  Y.F.(8/29)

 

ZEBRA RELAY ESSAY

アーカイブ

[2019]
[2018]
[2017]
[2016]
[2015]
[2014]
[2013]
[2012]