ZEBRA RELAY ESSAY Back Number

育也旅行記 no3!!

まいどー!!夏休みも今週で終りですね・・・
夏の終りってなんか寂しいですよね。夕焼けにトンボが飛んでいるのを見ると、秋が来たんだなぁーって感じるのは僕だけでしょうか!!?

今回は、群馬県の榛名神社編と言う事です。

正直、あんまり期待しないで行ったんですが、いい意味で期待を裏切られました。

榛名神社は、創建1400年の由緒ある古社みたいです。徳川時代の末期に至るまで神仏習合の時代が続き満行宮榛名寺などと呼ばれて上野寛永寺に属し、別当兼画学頭が派遣され一山を管理していましたが、明治初年神仏分離の改革によって榛名神社として独立したみたいです。

老杉に囲まれた境内は静寂で神秘的な雰囲気に包まれております。参道の石畳を歩けば、右手には清流や滝があり、水の流れが聞こえてきます。参道を進むと、仙界を思わせる大きな奇岩があり、非日常的な雰囲気を感じさせてくれます。敷地内には多くの貴重な文化財があり、国指定重要文化財として「社殿(本社・弊殿・拝殿)」をはじめとする6棟の建物、国指定天然記念物として「矢立スギ」、県指定重要文化財として「鉄燈籠」「関流算額」「榛名神社文書」、県指定重要無形民俗文化財として「神代神楽」が指定されています。市指定文化財も多く、見どころがいっぱいありました。

榛名神社はパワースポットみたいです。奈良県で生まれた僕は、こう言う静かな歴史に触れる事で少し懐かしさを感じました・・・

今回で、育也旅行記は終了となりまーす!!次回あるかどうか分かりませんが、また出来たら良いですねー♪♪

8/30 I.yamada

 

ZEBRA RELAY ESSAY

アーカイブ

[2019]
[2018]
[2017]
[2016]
[2015]
[2014]
[2013]
[2012]